サイトマップ|サイト内検索
間違いだらけの健康常識 グローバルクリーン
画像 間違いだらけの健康常識トップ 間違いだらけの健康常識オンラインショップ 間違いだらけの健康常識メールマガジン 間違いだらけの健康常識資料請求 グローバルクリーンイベント情報 グローバルクリーン会社案内 ご意見・ご感想 画像
真生塩
にがりの害
美しくなる秘訣
お客様の声
よくある質問
  

  • 健康を最も左右する主食、米の重要性
  • 主食中心にして、副食(オカズ)は少ないほどいい
  • 食は運命を左右する
  • オカズの食べ過ぎで病気になる
  • 揚げ物、油料理、肉料理について
  •   
     
     
     
     

    美しい地球を守る地球再生計画


      
    食は運命を左右する

    江戸時代に有名な観相家、水野南北と言う占い師がいました。彼は手相や人相だけでその人の運勢を占うと間違いが多いことに気づき食事量がその人の運勢に大きな影響を与えることを発見しました。この内容は現代でも人間の生き方や食に対する考えで重要な教訓を与えていますので、あえて本の内容を抜粋して皆様にお伝えしようと思います。現代に当てはまらない点もあると思いますが、飽食日本民族には大切な教訓となりますので参考にして下さい。

    水野南北著『相法極意修身録』

    食事量の多少によって、人間の貧富や寿命や、未来の運命を予知することができる。次に挙げる項目は、あまりからだを使わない人などにあてはまることがらである。肉体労働に従事する人は、その労働の内容によって食事量の適量があり、また肉体の大小や強弱によっても適量が異なる。 しかし、この原則も、まだ年齢が若く、一家の主でもない者にはあてはまらない。

    ところが、若くても一家の主人ならば、その食事量の多少によって、吉凶(運命)が決まる。古人の言に「天に禄無き人は生ぜず地に根無き草は生えず」ということがあるが貧富貴賎を間わず、その身のほどによって天より与えられた一定の食事量がある。 そのことをわきまえず、みだりにむさぼり食う者は、天の規律を破る者である。生命ある者にはすべて天与の食事量が確保されている。生れ落ちるとともに得るものは食で、生命の存在するところかならず食べものがあり、逆に言えば食べもののあるところかならず生命が発生する。 食べものは生命のみなもとであり、生命は食べものに随うものである。そして人間の生涯の吉凶(運命)は、ことごとく食によって決まるといっても過言ではない。恐るべきは食であり、慎しむべきは食である。

    食事量が少ない者、つまり食の細い者は、人相学上不吉な相であっても、運勢は吉であり、それなりに恵まれた人生を送り、若死しない。とくに晩年が吉である。 食事がつねに適量を超えている者は、人相学上は吉相であっても、体調を崩しがちである。手がもつれるなど、末梢神経に障害を生じやすく、一生ストレスに悩まされ、晩年の運勢は凶である。 人間の一生にも一定のリズムや節度がある。それを無視して遇食すれぱ、糖尿病、膵炎、心臓病、肝臓病、腎炎、脳血管障害などにかかりやすくなる。したがって、節度を無視するものは、どんなに長寿の相がそなわっていても、実際には短命であったり、痛気の後遺症などで苦しむことになる。 粗食の者は貧相でも幸運をつかむ。 食事が常に適量である者の運勢の吉凶は、人相学の判断どおりである。

    三度の食事常に大食暴食する者は、たとえ吉相であっても運勢は一定しない。貧乏人はますます困窮し、財産家でも家を傾ける。暴食する者で、人相も凶であれば、死後入るべき棺すらないほど落ちぶれるものと覚悟すべきである。 「腹八分目医者いらず、」という言葉がある。同じ種類のネズミを二群に分け、A群には普通量の食事を与え、B群には飢餓すれすれの減量食を与えて観察すると、A群は普通の寿命であるのに対して、B群はA群の二倍近くまで長生きをする。しかもこの両群のネズミに癌細胞を移植すると、A群では発病して死亡してしまうのに対し、飢餓すれすれのネズミ群では、体内に癌細胞が全く育たない、と報告されている。 いつも身のほどに不相応の美食をしている者は、たとえ人相は吉であっても運勢は凶である。その美食癖を改めなければ、家を没落させ、出世も成功もおぼつかない。まして、貧乏人の美食家は「働けど働けど我が暮らし楽にならず」で、一生苦労する。

    『食は運命を左右する』 たまいらぼ刊 玉井禮一郎訳 の目次の抜粋です。

    ○運命の吉凶は食で決まる
    ○粗食の者は貧相でも幸運をつかむ
    ○粗食でもときに大食すれぼ大凶
    ○食事時問が不規則な者は吉相でも凶
    ○食事量が一定していれば心身健全
    ○美食をつづげると消化器系の病気にたる
    ○子なき相でも食を慎しめぼ跡つぎを得る
    ○小食の者には死苦や長病がない
    ○肉体労働者は大食をしてもよい
    ○人格は飲食の慎しみによって決まる
    ○厄年に難を遊ける法
    ○子供の貧相、悪相は親の責任
    ○家運が尽きていても減食で再興できる
    ○築山・泉水のある家は衰運に向う
    ○神への祈りをかなえる法
    ○自分の食べる分を施すのが真の陰徳
    ○人相だげを論じてもあてにならない
    ○一粒を惜しむ者は一飯を余分に食す
    ○食物を粗末にする者は成仏しない
    ○昇る太陽を拝む長寿法
    ○食欲がなげれぱ食べるな
    ○一念、一業を貫ぬかない者は世に無益
    ○一年以上の余命があれぱ延寿できる

    【コメント】 年間、何千万人という人が地球上で餓死しています。日本人は年間、何千万トンという食事を残飯として捨てています。こんな贅沢な食事が許されて良いでしょうか。ご飯と味噌汁の素食が最も健康で長生きできることが明確なのに、どうして病気の根源になるオカズの過食を続けるのでしょうか。心の空白を食の楽しみで埋めているだけです。もっと大きな喜びは人類愛です。地球と人類を愛するそのための創造的活動は食の楽しみとは比較になりません。 粗食をすれば、頭もよくなり、肌は美しくなり、病気は治り、健康で長寿になる一石四鳥にも五鳥もなる素晴らしい食事法です。粗食、少食があなたを救い、人類を救うのです。運勢も最高になります。あなたの願う、望む地球的大目的も実現に向かうことでしょう。

    COPYRIGHT(C)2005 GLOBALCLEAN CO.LTD ALL RIGHTS RESERVED