サイトマップ|サイト内検索
間違いだらけの健康常識 グローバルクリーン
画像 間違いだらけの健康常識トップ 間違いだらけの健康常識オンラインショップ 間違いだらけの健康常識メールマガジン 間違いだらけの健康常識資料請求 グローバルクリーンイベント情報 グローバルクリーン会社案内 ご意見・ご感想 画像
にがりの害
美しくなる秘訣
お客様の声
よくある質問
  

  • 石鹸の問題点
  • 理想的な洗顔剤
  • 洗顔剤にこそお金をかけるべき
  • 美しくなるには化粧(メーク)はしないか、薄くして
  • 美しさを保つ食生活の知恵
  •   
     
     
     
     

    美しい地球を守る地球再生計画


      
    せっけんの問題点

    すべての固形石鹸、パウダー洗顔料などは苛性ソーダなしには作ることができません。苛性ソーダは海の塩=原塩より製造されています。ソーダ工業用の原料として多くの用途で大量に使用されています。苛性ソーダは海の塩が原料のため、石鹸で洗顔したとき、どんなにゆすいでもナトリウムイオンが肌に残ってしまいます。海水浴で肌についた塩分で短時間に日焼けしてしまうのご存じですね。 肌に残ったナトリウムイオンが紫外線を吸収しやすくするのです。紫外線は陰性の性質を持ち、ナトリウムイオンは陽性の性質を待つため、陰陽引き合い、肌に紫外線を吸着しやすくなり肌黒の原因となっていくのです。

    石鹸の使い始めは気づきませんが、長い間、石鹸を使う人と使わない人を比較してみると、明らかに石鹸を使う人の方が肌黒になっているのがわかります。このことを知らずに石鹸を使っている方がほとんどです。知らないうちに少しずつ肌が黒ずんでくるのです。石鹸やパウダー洗顔料を長く使うと必ず肌が黒くなってきます。その石鹸やパウダー洗顔料にいくら良い酵素や植物エキスを入れても苛性ソーダの性質は変わりませんから、ナトリウムイオンによって日焼けしやすくなることは間違いありません。いや自分は十分にユスイデいるから大丈夫だという方がいらっしゃいますがほとんどの方は苛性ソーダ分を落としきれていません。

    こちらで実験したことがありますが、苛性ソーダ分を完全に洗い落とすためには水を何度も変えながら100回以上濯がないと落ちませんでした。完全に落とすには150回は濯がないといけません。 石鹸洗顔している人でよくユスイデいる人でも30回ほどです。10回から20回の方もたくさんいらっしゃいます。それくらいユスグのが時間もかかり大変なのです。朝晩の忙しい時に洗顔のたびに100回以上ユスグ方がいるでしょうか? このことを考えると石鹸やパウダー洗顔料による洗顔はその性質を考えると肌には適していないということになります。

    石鹸が良い信じられている理由のひとつとしてその中に入っている、ヨモギエキス、シソエキス、スクワラン、ロイヤルゼリー、ハチミツ、米糠発酵エキス、金粉、キトサン、プロポリス、小麦胚芽、青汁、高麗人参、アロエ、各種薬草成分、○○エキス、などが入っていてこれらが肌に効果があるのではないかと考えておられるのです。 しかし、いかなる天然自然成分も皮膚から吸収されることはありません。皮膚の目的は排泄に徹しているからです。これらの天然エキスは自然派石鹸を高く販売するためのイメージ作りに使用されているのが現実です。 いかに天然成分のみで、無添加、無香料、無着色、純天然石鹸、肌にやさしくと表現されていても、石鹸の基本原料の牛脂と苛性ソーダの性質は変わりませんから、シワ、日焼け、肌黒の原因になる事は同じです。 基本原料の牛脂を使わず他の植物油脂を使用していても苛性ソーダなしには石鹸やパウダー石鹸はできませんので、日焼け肌黒の原因になることは変わりません。 そうかと言って安い合成界面活性剤入りの洗顔フォームでは皮膚自体の細胞を破壊していくのでこれも肌によくありません。 美しくなるには洗顔に始まり、洗顔に終わると言われるくらい洗顔また洗顔が最も重要です。


    <<前へ 1/2
    COPYRIGHT(C)2005 GLOBALCLEAN CO.LTD ALL RIGHTS RESERVED