サイトマップ|サイト内検索
間違いだらけの健康常識 グローバルクリーン
画像 間違いだらけの健康常識トップ 間違いだらけの健康常識オンラインショップ 間違いだらけの健康常識メールマガジン 間違いだらけの健康常識資料請求 グローバルクリーンイベント情報 グローバルクリーン会社案内 ご意見・ご感想 画像
真生塩
にがりの害
美しくなる秘訣
お客様の声
よくある質問
  

  • 健康を最も左右する主食、米の重要性
  • 主食中心にして、副食(オカズ)は少ないほどいい
  • 食は運命を左右する
  • オカズの食べ過ぎで病気になる
  • 揚げ物、油料理、肉料理について
  •   
     
     
     
     

    美しい地球を守る地球再生計画


      
    オカズの食べ過ぎで病気になる



    全ての日本人はオカズを食べ過ぎています。そして毎日食べ過ぎているオカズで色々な病気になり、寿命を縮めています。どれくらいオカズを食べ過ぎているのでしょうか。その適量と現在、自分の食べている量との差に驚かれることでしょう。 禅寺で宿泊したことがありますが、その食事は御飯一膳とほとんど具のない汁とタクアン2切れほどの簡素なものでした。禅寺の修業僧は毎日このような簡素な食事を年中食べ続けているのです。それで肌もツルツルで元気で長生きしています。 本来、人間は主食中心のわずかのオカズで生きるようになっています。

    ロシア、コーカサス地方の長寿村の人達は365日、毎日、小麦粉と塩を混ぜた固焼きのナンとお茶だけのような粗食を食べ続けているといいます。年一回ほどお祭りの時に肉を食べるくらいという。これで100才、120才まで長生きして畑仕事をしているのです。この時の塩はもちろんニガリの害のない岩塩です。 岩塩はミネラル不足の病気になる塩ですが、腎臓や内臓を硬化させないので長生きはできるのです。もし自然塩だったら絶対にこのように長生きできません。 昔から一汁一菜の精進料理が健康に良いと言われてきました。実際に御飯と味噌汁と漬物の粗食を一年中、何十年続けても健康上何ら問題なく、むしろどんどん健康になっていきます。

    では一汁一菜の適量はどのくらいなのでしょうか。毎食白米の御飯2膳、味噌汁一杯、タクアン3切れで、味噌汁の具の量の適量はワカメ3センチ角のもの2枚程度、大根の角切りのもの1センチ角のもの3個、人参1センチ角のもの1個、小松菜の葉2枚程度で十分です。具は考えられないほどの少量です。 こんなに少量のオカズで栄養が十分なのか、心配されると思いますが、何の問題もありません。ウソだとお思いでしたら、1ヶ月ほど試してみて下さい。体調は軽くなり、その変化に驚かれることは間違いありません。 日本人は味噌汁でもたくさんの具を入れます。具だくさんの味噌汁が健康に良いと考えているのです。これでは多過ぎる野菜のアクで寿命を縮める原因になるのです。昔の御坊さん達はどうして具のほとんどない味噌汁を食べていたのか理解できます。多くの体験と直感から理想の具の量を知っていたのでしょう。

    現代の多くの日本の方達はオカズを食べることで食の楽しみを満たしています。グルメ時代で世界中のどんな食品でもお金さえ出せばいくらでも入手できます。今日は何を食べようか、どんなオカズにしようかと料理の献立に頭を悩ませておられる主婦の方が多いと思います。テーブル一杯に並べられた料理を見てそれをたくさん食べて味わい満足しているのが現代人です。 それら多過ぎるオカズを食べてそのオカズに残留している毒素とアクで寿命を縮めているのです。 御飯と味噌汁だけで十分な栄養が摂れます。蛋白質の肉も卵も魚介類も特に必要ありません。味噌の大豆に含む蛋白質で十分です。カルシウムも2切れのワカメだけで十分です。オカズ代はとても安くて済みます。大根1本、人参1本で1週間から2週間分の味噌汁が作れます。乾燥ワカメ100gもあれば1ヶ月分もあるでしょう。食費の大部分はお米だけです。これで健康になれるのですからずいぶん安上がりで食事の準備も楽です。余分の時間を自分の目的と夢のために使うことできます。

    現代栄養学が健康になれる栄養学だと思いますか。とんでもありません。今の栄養学こそ病気を作っていく元凶になっているのです。現代栄養学が日本に入ってきたのは戦後、西洋からです。西洋人が食べている塩は岩塩です。岩塩の中には、悪口を言われている精製塩の1000分の1以下のミネラルしかなく、ほとんどミネラルはないくらいの欠陥塩です。塩から摂取できない微量ミネラルを補うために多くのビタミン、ミネラルのサプリメントを摂るようになっています。岩塩に不足している微量ミネラル群を多くのオカズや野菜、牛乳肉類、卵などより摂取しようとして成り立った栄養学です。一つ一つの食品の栄養素を分析して、この食品にはこれだけの栄養素があるから毎日食べる必要があると表示しているのです。そして毎日30種類もの食品をバランスよく摂取しなさい。そうすれば健康になれるというものです。 現代西洋栄養学はミネラルのない岩塩を食べる民族が考えた机上の空論なのです。健康になるどころか益々健康を害する栄養学なのです。

    それを戦後、日本民族は西洋の体の大きい民族を見て右倣えしただけのものです。 何ら長期の実験、検証もせずに受け入れました。確かに、肉や卵、牛乳を多く摂ると身体だけは大きくなっていきました。しかし、決して健康になるのでなくガンや心臓病、多くの慢性病、成人病が蔓延していきました。 海の塩から最高のバランスの微量ミネラルが摂れる日本人には全く必要のない栄養学でした。ただ今まで使用してきた塩が全てニガリの多過ぎる自然塩だったためニガリの凝固作用の影響で腎臓病、糖尿病、高血圧、肝硬変、心臓病、難聴など多くの病気が増えてきました。最近の自然塩ブームがそれに拍車をかけています。 1食に必要なミネラルは真生塩に含むものに、大根3切れ、人参1切れ、ワカメ2切れ小松菜2枚という極少量でよいのです。季節により摂る野菜は変えて良い訳です。あるときはナスでもエンドウでもカブでもいいのです。その季節にその地方で獲れるもの数種の野菜で十分です。30種類などとんでもありません。オカズの過食が病気の原因になっていることをよくよく理解して下さい。

    食事の時に家族を呼ぶ時に『御飯ですよ!』と呼びます。御飯を食べるのが目的なのです。御飯だけでもよいのです。御飯に塩や醤油をかけて食べるだけでもいいのです。親はもっとオカズを食べなさい、オカズを残さないで食べないと栄養がとれないよ!と戒めます。最近の子供は御飯を食べずにオカズのみ食べる子も多くいます。大人もテーブルに並んでいる多くのオカズを次から次へと箸を伸ばして食べます。残してはもったいないからとキレイに食べ尽くそうとさえしています。本当に間違った食習慣です。 しかし、先ほどのような粗食に耐えられるかという問題だけです。そんな貧しい食事をしてまで長生きしたくない、食を楽しんで食べたい!と言われる方が多いと思います。食の楽しみが人生の大きな部分を占めているような人生観では人生は駄目だと思います。食事をする時間がもったいない、食は人生の目的を果たす為のエネルギーを補給する程度のものだという考えが必要です。もちろん、一家団欒という目的もあります。しかし、オカズをたくさん食べる必要はありません。たまには思い切り食を楽しみ腹一杯食べるのもいいでしょう。 100才くらいまでかけた地球的目的を果たすために健康で休まず、生涯現役で働く決心がないと自分の食欲をコントロールできないでしょう。夢や目的が小さ過ぎるから自己コントロールができないのです。

    腹が減ったら御飯を腹一杯食べて下さい。3杯でも4杯でもいいです。オカズは少なくして、塩辛い漬物をいつも用意しておいて下さい。タクアン2切れで御飯一膳が食べられるくらいの塩辛さでもいいです。佃煮風の非常に塩辛いオカズを1ヶ月分ほど作り冷蔵庫に保管しておけばオカズを作る心配もいりません。 オカズを少なくするには塩分を十分に濃く味付したものを作るしかありません。御飯と塩さえあればいいのです。味噌、醤油をかけて食べてもよいでしょう。塩分は好きなだけ摂って下さい。昼の外食はせず、塩ムスビや海苔巻のオニギリ2〜3個と漬物2切れ位で十分です。これで食費は4分の1くらいで済み、益々健康になっていきます。身体は軽く、頭の回転は速くなり、仕事の能率は抜群に上がり肌も非常にキレイになっていきます。毒素を溜め込む現代栄養学の食事におさらばしてみて下さい。快適ですよ! この御飯と味噌汁の粗食が究極の長寿食です。オカズの食べ過ぎにはくれぐれもご注意下さい。

    オカズは数種類の塩辛いものを一切れづつ食べるくらいが丁度よいのです。オカズは副食といいます。主食にわずか添える程度の量で十分なのです。主食、御飯中心の食事に完全に切り替えて下さい。主食に玄米、発芽玄米等は間違っても食べないで下さい。主食はアクを処理した精白したものでなければ短命の原因になってしまいます。いくら無農薬、無添加でも胚芽入りパンや全粒粉のパンも当然ダメです。 美しく、健康長寿になりたかったら、御飯中心の粗食に直ぐに切り替えて下さい。

    COPYRIGHT(C)2005 GLOBALCLEAN CO.LTD ALL RIGHTS RESERVED