サイトマップ|サイト内検索
間違いだらけの健康常識 グローバルクリーン
画像 間違いだらけの健康常識トップ 間違いだらけの健康常識オンラインショップ 間違いだらけの健康常識メールマガジン 間違いだらけの健康常識資料請求 グローバルクリーンイベント情報 グローバルクリーン会社案内 ご意見・ご感想 画像
真生塩
友達紹介キャンペーン
にがりの害
美しくなる秘訣
お客様の声
よくある質問
  
美しい地球を守る地球再生計画


  
ソマチットの原石
活発に動き出すソマチットの映像(画像をクリックすると大きくなります)
Links
・アンチエイジングの鬼
・ゆにわ店長 ちこのまかない!まんぷく帖
トピックス

国難に際しての私達の心の持ち方

今回の未曾有の東日本大震災で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。多くの方が今も、辛い思いや、不便な思いをされていると想像します。日本中の人が、皆さんを見守り、無事を祈り、何か自分にできることはないかと考えています。ですから、諦めることなく長期戦ですが頑張って下さい。 今回発生いたしました東北大震災において会員様の中には被災地の方もいらっしゃるかと思います。深くお見舞いお悔やみを申し上げます。

東日本大震災は何を教えているのでしょうか? 世界で年間4000万人もの餓死者を横に見ながら飽食、贅沢に明け暮れている私達に対する神の警告のようにも思います。 今回の大震災で亡くられた方達は本当に心の聖い(きよい)方達がほとんどだった思います。日本全体が世界が良い方向に変わる為の聖い供え物として犠牲になられたと思っています。供え物は聖いことが条件ですから心の美しい方達ばかりだったのではないかと思っています。生き残った東北の方達も東北人としての特徴であるとても忍耐強く、苦しい避難生活にも生きているだけでも感謝ですとじっと辛抱し耐えておられます。

それにしても、こんな未曾有の災害に当たって、本当に規則正しく不満も押し殺してがんばっている被災者の皆さんの態度に、満腔の敬意と賞賛しても足らない 思いで一杯です。 東日本、東北の方達の犠牲の上に私達はもっと真剣に日本の為、世界の為に決意を新たに頑張らねばならないと思います。 もっと世界に必要とされる人になる決意を固めなければいけないと思います。 私達はこの日本を必ずもっともっと良い国にしていくと固く決意しなければいけない思うのです。

今回の大震災で聖い供え物として霊界に行かれた方達の御霊の冥福を祈るものです。また九死に一生の奇跡の生還をされた方達はこの世でまだやるべき使命が残っているので奇跡的に助けられたのだと思います。この方達は被災地の復興に全力を傾ける決意をされていることと思います。 福島第一原発の放射能問題は私達の生活には何も問題ありません。 原発の情報は○○ミリシーベルトまで安全か。私の住んでいる地域は大丈夫か。 など情報が錯綜していて何を信じて良いのか分からないと思います。 福島県内、東日本全域も大丈夫だと思います。 もちろん東京や関東地域、日本全域は何の問題もないと思います。

今出ている放射能の量だけでガンになるという心配はいりません。今、4人に1人がガンで死ぬ時代です。その根本原因が最も毒性の強い除草剤など濃縮した魚介類の常食にあります。放射能よりも除草剤と魚介類の方がはるかにガンになる確率が高いのです。放射能に対しては人体に徐々に毒素排泄していくという生体防御能力があるのであまり恐れる必要はありません。福島原発で働いておられる作業員の方達も規定時間内の短時間作業なら白血病やガンになることもないと思います。 放射能は怖い物という情報が世界中で流され情報操作されている可能性があります。 本当は避難も必要なく、福島の野菜や牛乳、肉、水なども安心です。 エネルギーのある水やニガリの害のない塩、味噌、醤油など正しい食生活を実践しておられる皆様ですから放射能の心配は全くいりません。

東京大学 医学博士の稲 恭宏さんは福島の原発の放射能は全く問題ないと講演しておられます。福島原発事故の医学的科学的真実」放射線レベルは自説の低線量率放射線療法と同じであり、避難の必要も全くなく、むしろ健康的になる値だと講演しておられます。 札幌医科大学教授 高田 純さんも福島第一原発の正門前で防護服なしで立ち放射能測定をして何等問題のないレベルであることを講演しておられます。

未曾有の大震災を受けたにもかかわらず、日本人は冷静に節度ある態度を持って対応したことに世界の人々は驚嘆し、絶賛しています。過去にもそうであったように日本人は「和」と助け合いを以て、この民族的危機を乗り切り、必ず不死鳥のごとく以前にも増して元気によみがえると思います。困難に逢ってこそ培わてきた民族的英知は今回も発揮されることでしょう。試練の後には必ず恵みと祝福が待っています。

世界も日本も一人の人体のようなものです。手足を大怪我で傷めた場合は体全体が痛みます。日本という体の一部が大きな怪我をしたような東日本の大震災は日本人全体の心の痛みとして感じるのが本来の人間の姿です。 日本に「目覚めよ!1つになれ!」と一喝する起死回生の神の警告なのかも知れないのです。日本が本当に良い国になる復活はこれからが本番のように思います。 今、日本政府はこの東日本大震災の復興と原発事故の対応でいっぱいのようですがこんな中でも日本の使命は世界を良くする為にあるのだということを自覚していてほしいと思います。

被災地にボランティアに行ける方はぜひ支援してあげて下さい。 個人の決断や行動は地球規模の課題の前では取るに足らないもののように見えるかもしれません。しかし、私達が自らの意思で決意し、団結し、時間と労力を捧げることを選んだ時、そこに新しい世界観が生まれると思います。 阪神大震災より始まり、今度の東日本大震災は国際的なボランティア時代の本格的始まりの年として歴史に記憶されることでしょう。 日本は技術大国、技術立国です総力結集でどんな困難でも克服可能です。 それこそが、「立ち上がれ日本」ではないでしょうか。 世界は苦難を通じて良くなっていきます。個人の人生でもそうですが、大きく飛躍するのは困難に直面したときだと思うのです。 これから長くかかるかも知れませんが、東日本の本当の復興を心から祈っていきましょう。      

COPYRIGHT(C)2005 GLOBALCLEAN CO.LTD ALL RIGHTS RESERVED